FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イギリス フランス 5泊7日旅行 その5

4日目 パリ日帰り旅行 後半

だいぶ間が空きましたが、パリ弾丸ツアーの後半です。

ルーブル美術館に到着

ルーブルピラミッド

画面左のピラミッドが入口になっています。ここに来るまでですでに5分強かかっていますから実際に見学できる時間は30分ほど。果たしてどれだけ見られるのでしょうか。

尾籠な話で恐縮ですが、真っ先に向かったのはトイレでした。朝ロンドンを出発してから、トイレに行く時間がまったくなかったのです。エッフェル塔のトイレは大変な行列で、寄る暇がありませんでした。

さて、見学の作戦ですが、なんといっても一番のお目当ては「モナリザ」です。

とにかくモナリザ目がけてまっしぐら、そしてその途中に何かほかに知っているものがあったらラッキー,という風に目的を絞り込みました。

突進中、最初に出会ったのが「サモトラケのニケ」です。

nike.jpg

横から見ると確かにあのロゴマークそっくりです。

階段を上がってモナリザに向かう途中、ダビンチの作品を発見しました。
「貴婦人チェチリア・ガッレラーニの肖像」です。


ダビンチ2

ダビンチの作品は黒山のひとだかりになっていたため、「あ、ここは何か有名な作品があるのだな」とすぐわかりました。

そしていよいよモナリザに到着

モナリザ

ものすごい混雑ぶりだったので、この程度の写真を撮るのが精いっぱいでした。でもやっぱり生で見ることができて感動しました。しばし感慨に耽っていたものの、長居は禁物。ここが弾丸ツアーの悲しいところ。

モナリザの向かい側にはこのような絵が展示されていました。

モナリザ反対側

ナポレオンが遠征先から持ち帰った宗教画でとても大きな作品です。モナリザは毎日この絵を見ながら過ごしているという訳ですね。

もう時間がありません。早く帰らねば・・・
帰り際に見つけたのがミケランジェロの「瀕死の奴隷と抵抗する奴隷」でした。

ひんしのどれい

これで見学は終了。ダッシュで集合場所まで戻りましたが、僕たちが最後で、ガイドさんに少し迷惑をかけてしまいました。

そういう訳で正味30分で見ることができたのは、5点ほどでした。しかしなんといってもモナリザが見られたし、ダビンチ作品ももう1点、そしてミケランジェロとニケも見られたので、十分満足しました。

さて、ルーブル美術館のあとはノートルダム大聖堂です。

のーとるだむ

この画面左のすぐとなりにカフェがあったので、そこでひと休み。オープンテラスでレモネードを飲みました。
ノートルダムも大変混雑していました。

ツアーはこれでだいたい終了。あとはパリ北駅に向かい、途中でオペラ座の近くでもう一度土産ものを買う時間をとってもらいます。

オペラ座

ここでもう一軒カフェに寄りました。とにかく「パリ,カフェ、オープンテラス」というのが目標だったので、短時間で2件も寄ることができたのはラッキーでした。

いよいよパリともお別れ。パリ北駅に着きました。午後8時になるというのにまだこんなに明るい。

パリ北帰り2

帰りも簡単な審査があり、それを通過してホームに向かいます。

パリ北帰り

帰るときにふとホームを見てびっくり。ゴミだらけです。掃除した形跡があまり見られません。日本ではこのようになるまで放っておくことはまずないでしょう。ロンドンもこんなではありませんでした。どうしてパリは・・・


そんなこんなであっという間にパリ弾丸ツアーの1日が終わりました。はじめから弾丸と割り切っているので、あまり後悔はありません。むしろ「あんな短時間で、よくこれだけ廻れたなあ」と思います。

本当に楽しい1日でした。

行き→ロンドン セントパンクラス駅発7:25→パリ 北駅着10:47
帰り→パリ 北駅発21:13→ロンドン セントパンクラス駅着22:29(行き帰り共現地時間)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

へっぽこ O

Author:へっぽこ O
FC2ブログへようこそ!
ビートルズ、キャンディーズ、大滝詠一、鮎川 誠が好きです。
飛行機模型も好きです。
横着者ですがどうぞよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
いらっしゃいませ
アクセスカウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。